2018
10.21

えどいろ「ソーダドロップス」 @関内駅チカアート市11月3日

工房暖簾ピックアップ


屋号「えどいろ」と申します。
25年前からずっとこの「ポリマークレイ」に取り組んできた作家。
ポリマークレイとは、加熱硬化型の樹脂粘土の一種で、「えどいろ」ではアメリカから輸入された素材を使用しています。
まだ、携帯電話も普及しておらず、当然ストラップという存在の無い頃から、可愛いアイテムに紐が付いたものを販売し、欲しいのだけれどどう使えばいいですか?と、よく尋ねられました。
それがやがて、ストラップとなり、平安期~江戸時代の伝統文様・伝統色を専門に勉強してからは、平安・江戸時代に流行した色や文様を使っての、「根付け」となりました。その他「帯留め」、「かんざし」を作っています。
色は、素材そのものに30色程度ありますが、「えどいろ」では、2~4色を混色して、好みの色を作り出しています。
出展の際には、カラフルでポップな可愛い小物も多く持参し、テーブルの上はワイワイにぎやかになっています。
根付けは、ストラップに、もしくはペンダントに、その場で変更して差し上げられます。帯留めは、ストールを通して中心で止められるような金具がついていますので、着物を着られない方も、ぜひ見にいらしてください。
今の一番人気はカラフルな「ソーダ・ドロップス」です。モリモリに持って行きますが、買いやすいお値段と、その場でアッセンブルしてピアスやストラップにして差し上げられるところが人気で、すぐに減ります。
もちろん、新作も登場。いよいよ本格的に伝統文様を再現し、黒猫さんがやって来ています。

えどいろ「ポリマークレイ作品」が買えるイベント
→ 2018年11月3日 関内駅チカアート市