2020
03.06

福ふくの「訳ありぞうり」3月駅チカより販売スタート

工房暖簾ピックアップ


出店日:3月7日・8日(両日)

福ふく訳ありぞうりの「訳」
例1)正規品より少し細長い
例2)正規品よりやや寸詰まり
例3)左右で微妙に形が違う
例4)鼻緒の位置がやや浅い(深い)
例5)色合わせに納得がいっていない
★朝市工房福ふくは青森県新郷村のぞうり職人グループで工房暖簾Galleryの登録作家です。

つまるところ、福ふくの職人目線でネット販売には出したくないぞうりが福ふくの訳ありぞうりです。ただ、読んでいただいても分かるように、細身のぞうりのほうが合っている方、寸詰まりのほうが合っている方、左右の違いはともかくとして色柄だって好みの問題として解消されてしまうもの。

ものによっては、私はこのぞうりの方がいい!というものがある。これが福ふく訳ありぞうりの最大の魅力。そして価格も訳あり価格です。関内 駅チカアート市でしか販売しませんので、気になる方は是非お越しください。
正規価格 Mサイズ2500円 → 訳あり価格 1500円

3/7(土)・8(日)駅チカアート市工房暖簾Galleryブースにて販売
すべて1足限りですので、無くなり次第終了です。福ふくぞうりは正規品もすべて一足限りなので、その点はご了承くださいませ。

履けないけど、草履ポーチも人気です